三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 【日曜ピアジェ 赤ちゃん学のすすめ 開一夫著 岩波科学ライブラリー119】

<<   作成日時 : 2006/05/26 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

去る5月21日に長男が産まれまして、浮かれ気分になっております。小さくて可愛いのですが、顔が松尾判内に似る瞬間があり、そこはちょっと微妙な感じ。今後顔が変わることに期待しています。ま、そんなこと関係なく、自分にとっては可愛いんですけど。

何ヶ月も前になりますが、妻がまだ妊娠中に母親学級に一緒に参加いたしまして、そこで、赤ちゃんが大人が口をあけたり手を握ったりするのを見て真似するというビデオを見せてもらいました。面白そうで、産まれたら是非やってみたいと思っていました。

【赤ちゃん学のすすめ】によりますと、ビデオで見た赤ちゃんの真似は「新生児模倣の実験」と呼ばれており、「発達心理学の教科書には必ずといってよいほど取り上げられている、有名な実験(p7)」だそうです。研究結果によれば、この”真似”は「反射行動ではない(p16)」ということです。こちらの行為に反応してくれるなんて嬉しくなっちゃうではありませんか。(もうすっかりバカ親です。)

他にも赤ちゃんの長期記憶について調べたり、対象の永続性の概念があるか調べたり、鏡を見たときの反応を調べたりなど、自分の子供を相手にしてできる楽しそうなことが紹介されています。それらの実験の紹介を通じて、赤ちゃん学(新生児・乳児の発達心理学なのでしょう)を紹介している本です。

実験は24ヶ月までの赤ちゃんを対象にしているので、それまでにこれらの実験を行うのを楽しみにしています。私にとっては、実験というよりは成長の確認という意味が大きいと思いますが。

尚、ピアジェとはスイス出身の研究者で、3人の子供を対象に実験を行い、心理学・哲学・教育学などに影響を与えている理論を作った方だそうです。その方にあやかり、日曜大工ならぬ、日曜ピアジェ。

この本で紹介されている実験を通して、子供の顔を見たり成長を確認しようと日曜日が楽しみです。すっかりバカ親です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【日曜ピアジェ 赤ちゃん学のすすめ 開一夫著 岩波科学ライブラリー119】 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる