三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 「再開された臓器売買をめぐる論争」という論文。

<<   作成日時 : 2006/05/02 13:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

臓器売買について前にいろいろしつこく、書きました。だいたい私の意見は書き尽くしたのですが、臓器売買に関して何か詳しく書かれているものはないかと探していたら、『医療・生命と倫理・社会』 (オンライン版)Vol.4 No.1/2 2005年3月20日刊行http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/OJ4/再開された臓器売買をめぐる論争http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/OJ4/kurose.pdfという論文がありました。無料で読めると思います。PDFです。

哲学・倫理学がご専門の黒瀬勉氏による論文です。臓器売買に賛成という議論も紹介されていました。臓器売買に賛成というのが、どのようなことを意味しているのか良く分かりました。そのような議論の背景も良く分かりました。

感心のある方は、是非読まれてはいかがかと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
臓器移植というパンドラの箱 (4/29, 5/2追記あり)
 海外で臓器移植手術を受ける日本人が増加しているというニュースを受けて、23日に「移植臓器の売買はどうしていけないのか」というエントリーを書きました。たくさんのコメントといつくかのトラックバックをいただき、この件(移植医療)についてはまだ決着がついていないという感を強くしました。 ...続きを見る
5号館のつぶやき
2006/05/02 18:29
脳死・臓器移植と「正しさ」
シンクラブ、脳死・臓器移植と「正しさ」(1) 「正しさ」を求めるものは、有機的統合説やら歴史伝統やらに訴えて一方を切り捨てる前に、まずその必死の思いにたじろぐべきなのだと思う。他人の痛みを感じることができない者は「正しさ」について考えることができない。 うー... ...続きを見る
あんなこと、こんなこと。どんなこと?
2006/06/06 23:25
臓器売買正当化論と反対論
「娘の命を救う手術の費用を払うために自分の腎臓を売る父親」は許されないのか? ...続きを見る
ニュースな話題
2006/10/20 05:03
▼ 臓器移植の実態
昨今のマスコミを賑わせている臓器移植問題だが こうした手術が20件以上行われていたことが 宇和島徳洲会病院の調査で明らかになった。 その多くは愛媛や岡山などの 瀬戸内海周辺に集中している。 専門家からは「医学的に考えられない」と 疑問の声が上がるこの手術。 「瀬戸内グループ」と呼ばれる医師たちの判断... ...続きを見る
TOEIC ハイスコアラーの英語
2006/11/10 11:05
腎臓移植待ちの患者を減らせるか?【生命倫理学と功利主義 伊勢田哲治・樫則章編 ナカニシヤ出版】
「生命倫理学と功利主義 伊勢田哲治・樫則章編 ナカニシヤ出版」という本で「功利主義と臓器移植」と題された児玉聡氏による論文を読みました。興味深く読ませていただきました。 ...続きを見る
三余亭
2006/11/27 13:09
★生命倫理、そんなものは有りません
              臓器売買は、金儲けが目的です          移植などしないで、病気を治せば済む事です ...続きを見る
飲み物と食べ物が含む化学肥料・農薬・食品...
2006/12/25 03:29
生命倫理、そんなものは有りません を考える。
「再開された臓器売買をめぐる論争」という論文と 移植臓器の売買は人身売買に生命倫理、そんなものは有りませんと題するエントリーからTBが来ました。題名は生命倫理というものは無いという過激な主張ですが、内容は「臓器移植などしないで病気を治せ(ここでは治し方は具体的には書いてませんが、次に述べるようにおそらく自然食品なのだと思います)。」ということなのでしょう。 ...続きを見る
三余亭
2006/12/26 19:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「再開された臓器売買をめぐる論争」という論文。 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる