三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS がん患者への告知 医師に学会が伝授

<<   作成日時 : 2006/06/12 19:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前に、「真実を伝える コミュニケーション技術と精神的援助の指針 ロバート・バックマン著 診断と治療社」に書いたことに関連して、以下の記事を紹介したいと思います。朝日新聞です。

がん患者への告知 医師に学会が伝授
2006年06月12日10時00分

 患者に「がん」と告げる時、医師はどんな態度で、どのような言葉遣いをするのが適切か。がん患者の精神的ケアを担う医療者でつくる日本サイコオンコロジー学会は、医師のコミュニケーション能力を養う講習会を今年から本格的に始めた。患者には一生の一大事なのに、医師の態度によっては不安が募るなどして、治療への影響が生じることもある。学会は「話し方も治療の一環だ」と重要さを強調する。

(中略)

 参加した大学病院の医師は「だれでも悪い知らせは聞きたくない。でも伝えなければ診療は始まらない。いかに伝えるか。患者さんの気持ちを受け止め、共感することの大切さを改めて考えた」と語っている。

講習会に参加できない方は、是非、「真実を伝える コミュニケーション技術と精神的援助の指針 ロバート・バックマン著 診断と治療社」をご一読を。
私にお金が入ってくるわけではありませんが、お薦めしたい本です。純粋にお薦めしたい本なのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
がん患者への告知 医師に学会が伝授 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる