三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 「あるある」捏造と無邪気な専門家

<<   作成日時 : 2007/01/30 02:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 5

納豆を一日2パック朝晩食べると体重が減るという件で捏造があった「あるある大辞典U」ですが、他にもいろいろと捏造があったようです。いろいろと調べているうちにどんどん捏造がでてきてしまいます。

味噌ダイエットでも発言でたらめ引用…あるある大事典
実験データの捏造(ねつぞう)が発覚して打ち切られた関西テレビ制作の情報番組「発掘!あるある大事典2」で、昨年2月の放送分の取材を受けた研究者が、血圧に関する研究結果について見解を示したにもかかわらず、「味噌(みそ)汁はダイエットに効果的」とする番組に仕立て上げられていたと29日、読売新聞の取材に答えた。

(中略)

 昨年2月に放送されたのは、「衝撃! 味噌汁でヤセる」。味噌のダイエット効果などについて取り上げ、発酵した大豆を研究している米国の大学助教授のインタビューや、渡辺敦光・広島大名誉教授による「味噌の塩分は高血圧を引き起こさない」とする論文が紹介された。

 制作会社の取材を受けた際、渡辺名誉教授は論文の内容などについて説明。スタッフに「味噌とダイエットについては知らない」などと話したが、番組ではダイエットばかりが強調された内容になっていたという。

(以下略)
(2007年1月29日13時6分 読売新聞)


テレビというのは都合の良いように編集できるものなのですね。

さて、食事と健康の関連は疑うべくもないのですが、一つの食材だけが良いという主張を検証することは大変困難です。

納豆から離れますが、地中海式の食事というものがあるらしく、それは死亡率の減少と関連しているらしいのです。Trichopoulou A, Costacou T, Bamia C, Trichopoulos D.  Adherence to a Mediterranean diet and survival in a Greek population. N Engl J Med. 2003;348:2599-608.では22043人を対象として調査して、
CONCLUSIONS: Greater adherence to the traditional Mediterranean diet is associated with a significant reduction in total mortality.

伝統的な地中海式の食事は総死亡率の有意な減少と関連がある。
という結論を出しています。

Knoops KTらも、Mediterranean diet, lifestyle factors, and 10-year mortality in elderly European men and women: the HALE project. JAMA. 2004 Sep 22;292(12):1433-9.にて、2339人を対象として調査し、
CONCLUSION: Among individuals aged 70 to 90 years, adherence to a Mediterranean diet and healthful lifestyle is associated with a more than 50% lower rate of all-causes and cause-specific mortality.

70歳から90歳のヨーロッパ人では地中海式の食事と健康な生活習慣は、死亡率を50%以上減少させることと関連している。
と書いていますから、まあ地中海式の食事が健康によいという傾向はあるのでしょう。

というふうに、何かが健康に良いと主張するには大変な努力が必要なので、「あるある」のような数人の実験で何かわかるわけが無いのは当然だと思います。

ということを知っているのが専門家であると思っておりましたが、毎日新聞のサイトの記事が気になりました。

番組ねつ造:「あるある」出演教授、事前に構成知らされず
 番組で「DHEA(ホルモンの一種)を増やすのに必要なイソフラボンの量は納豆2パック分に相当」「血液中のイソフラボンを一定レベルに保つには、朝と晩に分けて食べるほうが効果的」などとコメントした昭和女子大栄養科学系講座の中津川研一教授。毎日新聞の取材に「番組の構成は事前に知らされておらず、一般的な効能などを自分が知る範囲でコメントした」と説明する。

 だが、これに基づき行われた実験結果は架空のものだったと今回判明。中津川教授は「放送を見て、予想通りの結果が出たと思っていたが、ねつ造と知り驚いている。放送前にチェックする時間はなかった。本来はそうしなければならないのだろうが、私も含め怠っていた」と話す。

 また、納豆の発酵過程で増えるポリアミンに「基礎代謝を高める効果がある」とコメントした千葉大大学院薬学研究院の五十嵐一衛教授は「納豆は健康によいと考えているので協力したが、こうした問題があるなら今後は出演できない」と困惑する。

毎日新聞 2007年1月20日 21時26分 (最終更新時間 1月20日 23時26分)


中津川教授は「放送を見て、予想通りの結果」とコメントされていますが、数人のコントロールなしの実験で何がわかると言うのでしょうか?納豆を食べて腹がいっぱいになったので、他のカロリーの高いものが食べられず、摂取する総カロリーが減ったのか、あるいはホーソン効果か、どちらかでしょう。結論を導いた方法の問題に気づかなかったのでしょうか。

食事が健康にいいかどうか、動物実験ではなく人間での効果を知りたいなら大掛かりな疫学調査が必要です。動物実験で良い結果がでても、人間でも当てはまるとは限りません。それに、大規模な疫学調査の結果がでても話がもめることは十分あります。そのようなことを知らない専門家が居ても悪いとは言いませんが、彼らにコメントを求めても、八百屋に魚の話を聞くようなものです。人間での結果を知らないのに、そのことにもコメントする専門家もどうかと思います(そのような健康情報も自分の守備範囲だと思っていたのかもしれませんが・・・)。

マスコミが来たというこで、無邪気にコメントしたのでしょう。

今回の件で、まず責められるべきはテレビ局・製作会社です。しかし、無邪気にコメントした専門家も、知らないことは知らない(人間での信頼できる研究結果は知らない)とはっきり言うべきだと考えることもでき、同情するべき点はあるとはいえ、責任が全く無いともいえないように思うのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イレッサ:厚労省「積極的選択、根拠なし」
間質性肺炎の副作用で話題になったイレッサ(ゲフィチニブ Gedfitinib)ですが、ドセタキセル(Docetaxel 商品名:タキソテール)と比較して延命効果は変わりなかったとのことです。毎日新聞です。 ...続きを見る
三余亭
2007/02/04 19:24
[あるある問題]<関テレ報告書>「納豆」以外の8本言及 「みそ汁」認める
 「あるある大辞典2」捏造問題で関西テレビより報告書が提出されたが、総務省より内容不十分との指摘を受けたという今日の記事より。 (引用記事は、下部に掲載) ...続きを見る
総合情報ニュース徒然草
2007/02/09 18:00
【日経サイエンス2007年3月号 塩谷喜雄 いまどき科学世評 大震法の非科学】
私は全く地震関連の科学や地震対策の方法には詳しくないので、日経サイエンス2007年3月号の”いまどき科学世評”に書かれていることを、そのまま信用するのですが、大規模地震対策特別措置法(大震法)が科学的根拠に全く基づいていないことが批判されています。抜粋しますと、事大主義とご都合主義が支配する学会は、科学的に事実を直視して検証することなく、地震予知という幻想を社会にまき散らした。まるで、安定した研究予算と引き換えにするように、行政権力に自らの権威を委ね、その傘下に下ったように見える。(中略)... ...続きを見る
三余亭
2007/02/15 19:55
責任て言葉は死語か?
ぶらりせいちゃん歩いてみると・・・???なんで、そうなるの?(コント55号の古いギャグって・・古すぎてわかんないか)(^^;関西テレビ(大阪市)の千草宗一郎社長(63)が捏造問題の責任を取って3日付で辞任。4日付で後任の新社長に片岡正志常務(62)が就任。ここまでは解るが、千草社長は代表権を持たない取締役に降格する。えっ!何???さらに片岡新社長は「再発防止が最大の課題」と強調。千草社長の取締役残留については「批判はあると思うが、これまで責任者として取り組んできた千草社長に残... ...続きを見る
ぶらりせいちゃんの社会ななめ読み日記
2007/04/05 01:00
【つっこみ力 パオロ・マッツァリーノ著 ちくま新書】
新書カバーの著者紹介によれば、「日本文化に造詣の深い、自称イタリア生まれの30代」の著者による「つっこみ力」を提案する新書。反社会学講座でおなじみの著者です。(前に少し著者のことを触れましたね。そのときはノリツッコミでした。) ...続きを見る
三余亭
2007/06/19 18:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
番組で「DHEA(ホルモンの一種)を増やすのに必要なイソフラボンの量は納豆2パック分に相当」「血液中のイソフラボンを一定レベルに保つには、朝と晩に分けて食べるほうが効果的」などとコメントした昭和女子大栄養科学系講座の中津川研一教授。毎日新聞の取材に「番組の構成は事前に知らされておらず、一般的な効能などを自分が知る範囲でコメントした」と説明する。

 だが、これに基づき行われた実験結果は架空のものだったと今回判明。中津川教授は「放送を見て、予想通りの結果が出たと思っていたが、ねつ造と知り驚いている。放送前にチェックする時間はなかった。本来はそうしなければならないのだろうが、私も含め怠っていた」と話す。

この捏造番組加担者野郎!お前の軽口放言を信じる罪なき一般の人の気持ちを一度たりとも考えたことがありますか!あなたは学問と教育の世界から退場する資格を十二分にそなえています。そしてもし可能なら番組スポンサーであった花王に雇ってもらいなさい。でもあなたの非力な実力では、花王はとても雇ってはくれないと思いますが。
マー君
2007/02/04 19:36
http://espio.air-nifty.com/espio/2007/01/post_a53d.html
を読みますと、中津川先生はもっと頻繁に出演されていたのですね。また、花王との利害関係もあるようですし。
たたくとほこりが出るような・・・
三余亭
2007/02/04 20:54
もし、こんなことにならなかったら、こんなことが暴露されなかったら・・・・?この方はいつまでたっても捏造番組の片棒担ぎとして軽口放言を撒き散らしていたことでしょう。この方がこれを機会にマジメな研究生活に戻っていただけることを念願いたします。
マー君
2007/02/04 21:33
それとこの方がこれまで発言してきた内容を検証すると、冒頭にある「無邪気な」専門家という表題に違和感を覚えます。この方は「無邪気な」学者ではありません。もっと・・・
マー君
2007/02/04 22:16
http://d.hatena.ne.jp/syuminoonna1991/20070130/1170136546
でもいろいろとありますね。

こんなに出演されて発言されているなら、関西テレビだけでなく、中津川先生にもきちんと説明して頂かないといけないですね。花王との利害関係も知りたいところです。
三余亭
2007/02/04 22:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
「あるある」捏造と無邪気な専門家 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる