三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 【できるかな クアトロ 西原理恵子著 扶桑社】

<<   作成日時 : 2007/05/15 18:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

西原理恵子の漫画が好きで、いろいろ読んでいます。というわけで、つい最近出たばかりの【できるかな クアトロ】を入手しました。

できるかなシリーズは、結構無茶なことの体験漫画が主ですが、今回はインドのヒジュラの家に泊まりこんだり、ゴビ砂漠に化石を掘りに行ったりしています。

ヒジュラ
とは、「インド文化圏のあらゆるカーストに属せず、男でなく、女でなく、第3の性ともいわれ、人々からうとまれ神につかえ、時にあがめられ 以下略(p10)」

そんなヒジュラの家に泊まった体験記は、西原理恵子ならではの切り口で、こういろいろと考えさせられるわけです。最近は子供についての話も増えているサイバラですが、ヒジュラが養子を育てていることにも触れられています。そんな養子は、「朝の寺院の前は1日のおいのりに来る人達と、寺のほどこしをうけにくるストリートチルドレン。手からわけられる事も無く地面に投げられたパンをうばいあいあらそう子供達は人ではない。「ヒジュラはこうゆう子をひきとって育ててるんですよ。」(p32)」いろいろ考えさせられるわけです。いろいろと。

臓器売買で有名なマドラスの話も少しありました。海岸はうんこだらけなんですね。

ゴビ砂漠の化石掘りは、学問に必要な体力というものを考えさせられました。ゴビ砂漠の炎天下でも羊の糞を燃やし続けて平気な体力。子供の頃は恐竜の化石とか面白そうだと思っていたんですが、その道に進もうとしなくて良かった。絶対途中で挫折してました。

後半にあった「パチクロ」は、好きなことでご飯を食べることの覚悟というか、最初の思い描いていたことを修正するというか、軽い挫折を描いた話です。「上京ものがたり」と通じるものがあると思います。

今後のご活躍も楽しみに待っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
関連ブログ
こんにちは。始めまして(^^)私もブログやっていまして、ちょうど関連の話題だったのでTBしました。私のは、はじめたばかりで、まだまだですが(^^;)私のブログの記事に紹介させて頂きました☆よければ私のブログにもTBよろしくお願いします♪ ...続きを見る
漫画!面白!最高!
2007/05/15 22:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【できるかな クアトロ 西原理恵子著 扶桑社】 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる