三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 重粒子線治療装置をどれほど普及させるべきか

<<   作成日時 : 2007/08/07 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

山形大学医学部が重粒子線施設を造りたかったので学長選挙でいろいろやったとうわさされているようです。

さて、その重粒子線治療装置は日本でどれほど必要なのでしょうか。参議院議員の山本たかし氏がその問題について書かれた文書がこちらにあります。PDFです。

素人(失礼)とは思えぬ詳しさと、また、費用や適応、放射線治療が局所療法であることの限界などがケチの付けどころ無く考察されており、大変素晴らしいと思います。

私もまったく同意見。
「重粒子線大国」となることは正しい選択ではない。
そんな金があるならもっと別の使い道のほうが有意義な使い方です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
山形大学をについての話題
山形大学をについていろいろ調べたい、山形大学を受験しようと考えている方、入試 入学 偏差値 倍率 大学院 サークル 就職の情報が知りたい、はたまた山形大学の図書館とか、最新情報に興味があるという方へ。こちらでは「山形大学」について話題にされているブログをご紹介します。そば・うどん 洛?庵山形市内の山形大学と山形県庁の中間のあたりにある洛?庵を紹介します。県庁の北側にあるコンビニの角から西(山形大学の方角)に向かって13号線の手前にあ...藤沢周平の山形2007.08.27(月... ...続きを見る
山形大学受験ガイド★入試 入学 偏差値 ...
2007/08/30 13:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
重粒子線治療装置をどれほど普及させるべきか 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる