三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 病気腎移植が臨床試験となるようで。

<<   作成日時 : 2009/02/11 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

しばらく臓器移植について考えていなかったのに、いろいろと重なるものです。読売新聞からです。
病気腎移植の再開を検討、徳洲会グループ…臨床研究として

 宇和島徳洲会病院(愛媛県宇和島市)が、がん患者らから摘出した腎臓を別の患者に移植していた問題で、徳洲会グループが病気腎移植の再開に向けて検討していることが、10日分かった。

 先月下旬には、グループの共同倫理委員会を開催、同病院のほかに、東京西徳洲会病院(東京都昭島市)で臨床研究として行う計画だという。

 宇和島徳洲会病院は、病気腎移植が問題化した2006年以降、実施を自粛してきたが、今年中にも再開される可能性が出てきた。

 厚生労働省は07年7月、臓器移植法の運用指針を改正し、病気腎移植を原則禁止。ただし、医療機関の倫理委員会が安全面や患者の同意などを審査し認めた場合には、臨床研究として実施することができる。
(2009年2月11日10時44分 読売新聞)


今後、UMINの臨床試験登録(http://www.umin.ac.jp/ctr/index-j.htm)か医師会の治験促進センター(https://dbcentre2.jmacct.med.or.jp/ctrialr/)かどこかに登録されるはずだから、それで調べる手はあります。

臨床試験なら許されるかなと思いますが、それについて詳しくは、
http://cuttlefish.at.webry.info/200704/article_2.html
を。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
徳洲会が病腎移植を再開するようですが、私は不安に思っています。
というのも、最も問題となった腎臓がんの患者さんの治療において、以下のように腎臓そのものを摘出すると
がんそのものを摘出する場合に比べて、腎臓の機能の低下が生じやすいことや、脳卒中や心臓疾患などにかかりやすく、死亡率が高いこともわかってきたからです。
徳洲会は、臨床研究として行うとのことですが、この辺りをきちんと説明して患者さんにわかってもらう必要があります。こうしたことがわかってもらった上で行う
なら、何もいえませんが。
1 腎機能低下を指摘する論文
PMID: 11126830
PMID: 16945768
2 心臓病や脳卒中になりやすいことを指摘する論文
PMID: 19012918
3 死亡率が高いことを指摘する論文
PMID: 18076931
PMID: 19195042
DOR
2009/02/15 15:12
コメントありがとうございます。
おっしゃる通りでして、ドナーとなる方の健康状態を考えると、提供するより戻した方がよいと思います。
癌が再発するリスク上昇が受け入れられないという方のみが入る臨床試験にする必要があると思いますし、説明同意文書にはそのことを十分すぎるぐらい書く必要がある、と思います。
三余亭
2009/02/16 00:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
病気腎移植が臨床試験となるようで。 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる