三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 【命の値段が高すぎる ー医療の貧困 永田宏著 ちくま新書】

<<   作成日時 : 2009/10/01 23:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

民主党政権になりました。いろいろと政策変更が予定されておりますが、後期高齢者医療制度が廃止される方向とのこと。じゃ、その後どうするのか。本書では最近の医療制度改革について書かれており、保険制度などどうすべきか考える際に助けになります。

高齢者医療費が高すぎて、もはや国民には払えない。高齢者も現役世代も、これ以上の負担には耐えられそうもない。だからといって、このままじっとしていては何も解決しない。(p217)

高齢者医療費が増加する理由とは、高齢者の増加なのだ。したがって仮に本気で「抜本的解決」を目指すのであれば、高齢者そのものを減らさなければならないことにただちに気づくはずである。しかしそれは政治以前に、人道的に許されない話だろう。つまり「抜本的解決」は最初から無いのである。(p218)

身も蓋もない文章を引用してみました。



現在の後期高齢者医療制度の背景には、それ以前の制度では「老人保健と退職者医療制度の医療費の増加に、歯止めをかける仕組みが一切組み込まれていなかった(p73)」ので、「拠出金を支払う義務を負った各保険組合とも、増え続ける負担にただ黙って耐え忍ぶ以外なかった。(p73)」各保険組合の負担が多くなれば、現役世代の負担も多くなる可能性があり、いろいろと不満も出てくるというものです。

それで今の形に落ち着いたものの、「高齢者が増えれば増えるほど、高齢者が負担する保険料も増えるのだが、それがいやなら高齢者は受診を自粛せよ、ということである。保険料が増えるとしたら、それは高齢者全員連帯責任というわけだ。厚生労働省では、これを「世代内の支え合い」と称している。(p87)」とは言っても高齢者集団が(”集団”とつけたのは個人としては高収入の高齢者もいるわけですので)、保険料の増加にいつまでも耐えられるわけではありません。

長妻大臣は後期高齢者医療制度の廃止を明言されましたが、ではそれに変わる制度は増え続ける高齢者医療費をカバーすることができるのか、社会保険方式から税負担方式に変更するのかどうか、アメリカの医療保険制度改革に劣らず大変な制度変革が必要となりそうです。



ほかにもメタボ検診など最近の話題に触れられていて、メタボ対策と後期高齢者医療制度の関連についても書かれています。メタボ検診については、読売の記事を。筆者によると、メタボ検診のポイントは

メタボ対策と後期医療制度をリンクさせることによって、前期高齢者を含む現役世代が後期医療に支払う支援金を割り増しする、というものだ。(p111)

要するにメタボ対策の目標値を達成できなかった保険者(健保・国保組合)から、ペナルティとして後期医療への支援金を最大10パーセントましで徴収すると言っている。そしてそれが平成25年、つまり2012年に始まるのである。(p113)

大臣にはメタボ検診についても見直しをしていただきたいものです(そもそもメタボリックシンドロームの基準がアジアの国と比べてもおかしいのですし、メタボでなくても高血圧があれば治療しなくちゃいけないのです)。



選挙前に読んでおくとよかったのでしょうけど、今からでも。社会保障費の負担をどうすべきか考えさせられます。我々の負担をどうすべきか、ということについては週間東洋経済2009年9月12日号【生活者目線】で読む税金超入門もよいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ない袖は振れない:命の値段が高すぎる!―医療の貧困
命の値段が高すぎる!―医療の貧困 (ちくま新書)作者: 永田 宏出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2009/07メディア: 新書 今の医療の問題は一つ。 高齢化で医療費が増えていく一方で、健康保険料・税収の伸びは限界に来ている。 収入と支出がバランスしていないのだ。 ...続きを見る
本読みの記録
2011/01/05 23:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【命の値段が高すぎる ー医療の貧困 永田宏著 ちくま新書】 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる