三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 射水市民病院の呼吸器外しが不起訴になった件

<<   作成日時 : 2009/12/24 02:21   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと出遅れた感があるのですが、射水市民病院の呼吸器外しの件が不起訴となりました。

毎日からです。
呼吸器外し:射水市民病院の2医師、不起訴に 富山地検

 富山県射水市の射水市民病院で人工呼吸器を外された末期患者7人が死亡した問題で富山地検は21日、殺人容疑で書類送検された、元外科部長の伊藤雅之医師(54)と、同僚だった男性医師(49)を「呼吸器の取り外しと患者の死亡に因果関係があるとするには疑いが残る」として容疑不十分で不起訴処分とした。【岩嶋悟、蒔田備憲、宮嶋梓帆】

 最高裁は7日、意識不明の患者の気管内チューブを抜き、筋弛緩(しかん)剤を投与して死なせたとして殺人罪に問われた医師を有罪とし、終末期医療で医師が刑事責任を問われた事件で初判断を示した。富山地検はこの判断について言及しなかった。

 県警や地検の調べでは、亡くなった7人は県内在住の54〜90歳(当時)で男性4人、女性3人。6人に対しては伊藤医師が呼吸器を外し、1人は伊藤医師と共謀して男性医師が外したとされた。富山県警は08年7月、殺人容疑で2人を書類送検した。

 県警が専門医に依頼した鑑定によると、3人は呼吸器を外さなくても余命が2、3時間。別の3人は12〜24時間。残る1人は装着したままなら数日間は生存した可能性があったが、回復不能だった。

 地検は、伊藤医師らの供述内容、県警の鑑定結果などを精査し、取り外しによって死亡したかどうかを捜査。「人工呼吸器の装着から取り外しの一連の行為は、延命措置とその中止行為に過ぎない」「2人の医師に殺意を認めることはできない」などとして不起訴処分とした。呼吸器の取り外しは正当な医療行為と認め「患者の本来の死期を早め、死なせたという評価はできない」とした。

 会見した伊藤医師は「呼吸器を外したのは、人のために何かしてあげたいという志のある行為だった」と話した。

 今までに延命中止を理由に呼吸器を外したケースは、北海道立羽幌病院や和歌山県立医大付属病院紀北分院であったが、いずれも容疑不十分で不起訴処分。

 一方、7日の最高裁決定では「発症から2週間で回復の可能性や余命を的確に判断できる状況になく、病状を適切に伝えた上での家族からの要請ではなかった」として筋弛緩剤を投与した医師の無罪主張を退けた。


射水市民病院の呼吸器外しについては以前にいろいろと書きましたので、なにか付け加えることがあるわけではないのですが、今までにいろいろと書いたことが決着したというのは感慨深いものです。
当時テレビのワイドショーも結構騒いでましたが、その後のフォローなしですからね、無責任なものです。

今まで書いたもの、まとめておきます。エントリーの中のブログなどにリンク切れがあるようですが、そのままにしておきます。当時、結構頻繁に更新していたんですね。今は忙しくなっちゃって2週に1度のペースだけれど。

富山・射水市民病院で外科医が末期患者の呼吸器を外した件は安楽死ではなく治療行為の中止

呼吸器外しの件を考えるにあたって参考にしたいブログやサイト

富山・射水市民病院での呼吸器外し  一律な方針はいかがなものか

道立羽幌病院の呼吸器外しと射水市民病院前外科部長のインタビューについて

射水市民病院呼吸器外し 殺人容疑の立件微妙?

【「尊厳死」に尊厳はあるか −ある呼吸器外し事件から 中島みち 岩波新書】

射水市民病院の呼吸器外し 殺人の立件は困難か

射水市民病院の延命中止の件

また、延命治療をテーマとしたものは、
http://cuttlefish.at.webry.info/theme/2264797c12.html
で。

この件とは別に、筋弛緩剤投与をした医師は有罪となりました。この件、事件発覚当時の記憶が曖昧ですし、追っかけていたわけじゃないから、なにかを主張するということが自信を持って進められそうにないので、何かを書くということはしないでおきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
射水市民病院の呼吸器外しが不起訴になった件 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる