三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS ノート術が特集された雑誌を2冊購入

<<   作成日時 : 2010/02/24 02:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Twitterに書いていたら、なんとなくブログらしくなったので。Twitterでつぶやいたことは後半に。

ノート術が最近気になっています。うまくノートを使えば、新しい発想が出るんじゃないだろうかと。発想のためにノートを使いたいなぁ、というのが強い動機。

書店とコンビニで、ノート術の特集を組んでいる雑誌を2冊見つけました。日経ビジネス Associe 3月2日号と、PHP BUSINESS THE21 3月号。どちらも550円。

Associeでは、いろいろな人のノートの使い方の紹介が中心でした。パンクブーブーがノートを切り離して使っているのはびっくり。そういう使い方をするならカードじゃないの?KJ法じゃないの?ルーズリーフじゃ駄目なの?でも、アイディアの生成法としてはよいと思いました。ノートの片面だけを使って小ネタを書き集め、切り離したノートを机に並べて取捨選択する。んー、KJ法。

他の方も付箋を積極的に使っていて、一工夫された使い方が紹介されています。

一方、THE21はノート術の特集が2部構成となっていて、第1部は「必ず結果を出す人の「一流のノート術」」、第2部が「シチュエーション別 成果3倍アップのノート術」となっています。第2部に相当するものはAssocieの特集にはありません。

THE21の第2部は、会議&打ち合わせ編、読書&セミナー編、営業&商談編、モチベーションアップ編、思考整理&問題解決編、アイデア発想編、と分かれてノート術が紹介されています。残念ながら読書編はあまり自分の役にはたちそうにはないのですが・・・。

新しい発想を求めているのですが、アイデア発想編で紹介されているのはマインド・マップとかマンダラートとか、はちのすノートとかなのだが、これは自分には向かないと思いました。発想がわくときに書き方の決まりを気にしなくてはならないのは自分には不向きです。(字が大きいので枠を気にしながら書くのは向かない・・・)

新しい発想については、自由に紙に書いて考えることにします。アイデア発想編で薦められていた「書いてから、考える」というのは真実だと思いますから。

以下、Twitterでのつぶやき。


Wed, Feb 24


  • 01:32  日経ビジネス Associe3月2日号でも、PHP BUSINESS THE 21 3月号でも、ノート術の特集。前者はロザン、後者はパンクブーブーが出ている。

  • 01:35  パンクブーブーのノートの使い方が面白い。A4のノートに書いて、ページ1枚を切り離して、カードのようにして使っている。KJ法みたい。

  • 01:38  ロザンはオーソドックなノートの使い方。

  • 01:46  ノートは1冊だけ派、複数のノート派。ある情報を書くスペースを決める派(コーネルメソッド、to doリストはページの左に、など)、普通に書く派。イラスト多用派、言葉重視派。いろいろ紹介されています。

  • 01:49  それぞれの方が、仕事や目的に合わせたノートを作っていらっしゃって、これは参考になるかなという方法もいくつか見つけた。

  • 01:55  Associeで紹介されていたオリエンタルホテル東京ベイ セールスプロモーションマネージャーの竹内里枝さんのタスク管理の方法が参考になりそう。ノートと付箋を使った方法で、中長期的なプロジェクトと短期的な案件をうまく管理できそうである。

  • 02:01  メモノート、母艦ノート、スケジュールノートの3冊を連動させるという方法も紹介されていたが、これは「百戦百勝のメモ術・ノート術 本田尚也著 知的生き方文庫 三笠書房」でも似たような方法が紹介されていたなぁ、と思い出す。

  • 02:04  個人情報をメモすることが多い私は、ノートを1冊にしてしまうと個人情報をいつまでも手元に置いておく可能性が出てきてしまうのが気に入らない。個人情報は不要となったらすぐに手元から離したい。漏洩のリスクを下げたい。だからすべての情報を1冊のノートにまとめたくはない。

  • 02:12  AssocieもTHE21もノート術特集であるが、ノート術特集のためにどちらか1冊というなら、THE21の方がよいかも。第2部シチュエーション別 成果3倍アップのノート術、に対応するものがAssocieにはない。

  • 02:20  ただし、THE21で紹介されているノートの実例はオーソドックスなものが多いが、Associeはノートを切り離す、測量野帳を横にして使う、付箋の積極的活用など、一工夫された使い方が紹介されているので、何か新しい方法を求めている人はAssocieの方があうかもしれない。

  • 02:22  ま、どちらも550円だから、私のように両方買うというのもあり。

  • 02:25  記憶のためのノート、管理のためのノート、発想のためのノート、同じノートでも目的のために書き方は異なってくるのだろうと思う。

  • 02:25  おお。けど絶対無理。 .@Sannyoteiさんにピッタリの大学は「ケンブリッジ大学」です http://king-soukutu.com/twit/?n=univ #twiuniv


Powered by twtr2src.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノート術が特集された雑誌を2冊購入 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる