三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 「100円ノート「超」メモ術 中公竹義著 東洋経済新報社」を参考にノートを取ってみた

<<   作成日時 : 2010/06/04 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「100円ノート「超」メモ術 中公竹義著 東洋経済新報社」を参考に、論文のポイントとなりそうなところをまとめて3ヶ月ほどが過ぎました。案外といいものです。

Twitterでもつぶやきました。
http://twitter.com/Sannyotei/status/14717200601
コメントもいただきました。ありがとうございました。
http://twitter.com/spica151/status/14721610593

さて、実際のノートの写真を載っけたいと思います。

画像


Titleと著者と雑誌名しか書いてないのはご愛敬。

A6のノートに書いているのですが、このサイズだと持ち歩いて時間の空いた時に見直して内容を記憶するのに便利。書くという手間のかかる作業を行うので、記録しておく論文はあれもこれもと欲張って入られず、「これは」と思うものだけにしています。手を動かして書くと時間も手間もかかるのですが、記憶するのには読みっぱなしよりもよいのかもしれません。以前より内容を覚えている論文が増えた気がします。

ページ端につけたインデックスと検索マークが思った以上に便利。見直すときにはインデックスと検索マークを使用しています。気に入ってます。

まだ3ヶ月なのでノートも増えていませんが、増えてくると検索には困ることもあるのだろうと思います。数ヶ月に一度くらいのペースで、ノートに書いた論文の中からPCで検索できるようにする論文を決めることが必要になるのかなぁと今のところ思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「100円ノート「超」メモ術 中公竹義著 東洋経済新報社」を参考にノートを取ってみた 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる