三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 病腎移植を受ける権利の訴訟で請求棄却

<<   作成日時 : 2014/10/28 20:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

時間に余裕があった頃は病腎移植についてフォローしていたのですが、最近は時間が無くって気がついたらこんなことが。朝日新聞です。

「病気腎移植否定」撤回訴訟、患者の請求棄却 松山地裁

 腎不全の患者らが日本移植学会の幹部ら5人に対して「病気腎移植(修復腎移植)を否定する見解が出され、治療を受ける権利を侵害された」と主張し、見解の撤回と総額6050万円の慰謝料などを求めた訴訟の判決が28日、松山地裁であった。西村欣也裁判長は原告の請求を棄却した。

(以下略)


希望する医療を受ける権利というのは興味ある話題ですが、深く考えるには時間も余裕も無いので、時間のあるときにいつか考えたいと思います。

論点としては、適応がない場合にも希望する医療を受ける権利はあるのか、治療効果がはっきりしない医療を患者が希望すれば医師はそれに応えなければならないのか、などなど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
病腎移植を受ける権利の訴訟で請求棄却 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる