三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 【現場主義の知的生産法   関 満博著  ちくま新書】

<<   作成日時 : 2004/09/29 07:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

著者は地域産業論がご専門とのことで、経済学者による仕事の仕方の本です。前半はモンゴルへの調査を話題に、後半は著者がいままで関わってきた“現場”を話題に解説しています。

モンゴルの調査を話題にした部分では、旅に持っていくものは捨ててくるものというのが参考になりました。旅先で捨ててしまえば、いろいろ資料を持って帰ってこられるのがその理由です。普通の旅行でもそうすれば、荷物があまり増えることなくお土産を買って帰れますので参考にしたいと思いました。

モンゴルと“現場”の間に仕事の仕方が書かれています。カードシステムは忙しすぎて破綻したこと、単純化された図形モデルの重要性、生産性をあげるためにはとにかく時間を作り出すこと、空いてる時間に仕事をすること、などが述べられています。今の時代にカードで情報管理することは無いでしょうが、パソコンで似たようなことは可能です。人によりけりでしょうが、情報整理に時間を割きすぎることで却って生産性を下げてしまうのは納得できます。とにかく空き時間を見つけたらそこに仕事を入れるしかないというやり方も、著者のように多忙でなくても、時間の有効利用という点から考えたいと思います。

私の仕事と直接関係のある分野の話ではないので、実例を述べられた部分は正直きついです。ただ、時間の使い方の一例として、突発的に仕事が入る可能性がある私としては心がけておいたほうが良いなと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【現場主義の知的生産法   関 満博著  ちくま新書】 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる