三余亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 15歳未満からの臓器提供に思うこと

<<   作成日時 : 2011/04/25 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久々のブログ更新です。

15歳未満からの臓器提供がありました。とりあえず、以下のリンクを。
http://www.asahi.com/national/update/0423/TKY201104230412.html
http://www.asahi.com/national/update/0423/TKY201104230412_01.html

臓器提供が増えることは、その前に起きるつらいことを考えると手放しで喜べることではないし、人の親となった自分はリンク先の記事を読むと少し涙ぐんでしまうのだけれど、それで助かる人が増えるという事実は動かせないと考えています。

寄付をするタイガーマスクが日本中に出現したことも併せて考えると、日本も他の人のために何かすることが普通の社会になりつつあり、今回の臓器提供もその一つの表れなのかもしれないと思います。


子の臓器提供 「瞳はチャームポイント」角膜残した母

http://www.asahi.com/national/update/0423/TKY201104230412.html
http://www.asahi.com/national/update/0423/TKY201104230412_01.html

13日に実施された国内初の15歳未満の子どもの脳死後の臓器提供。家族はどうかかわったのか。関東甲信越地方の自治体の移植コーディネーターが朝日新聞の取材に応じ、家族全員で提供を決めた経緯などを初めて明らかにした。

(中略)

 両親にはこのまま火葬したくないという思いが強くあった。祖父は「あの子は世の中の役に立つ大きな仕事がしたいと言っていた」と発言。最終的に、みんなで臓器提供を決めた。

 ただ角膜だけは母親が「瞳はあの子のチャームポイントだから」と残すことを希望し提供しなかった。

(中略)

 「あいつは最後にすごいことをやってくれた。えれえやつだ」。祖父はそう言いながら、部屋にいた主治医や看護師ら医療従事者全員と握手をして回った。家族も主治医たちもみんな泣いていた。主治医は深く、長く、お辞儀をした。


自分は4歳児の親であるし医師でもあるので、この風景やこの場に関わった人の感情が痛いほどわかり、書いていても涙ぐんでしまうという始末。自分がこのご家族のように振る舞えるかどうか全く自身が無く、その情けなさも痛感する始末。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この世界の出来事は、全て物理法則に基づいていると考えている、当然のことであるが、生命現象も例外ではないはず。それならば、病気を物理的に治療することができたとしても何ら不思議はないでしょう。ある物理療法を研究していたが、その方法では、遺伝子異常や要手術、栄養障害など一部を除けば、多くの病気を即効的に治癒させることが可能です。原因・病名・症状・部位などに関らず、一つの治療法則を理解するだけでよい。

例えば、山を歩いて膝に炎症が起き水が溜まったとしよう。10分前後物理的作用を加えるだけで、20分か30分もすると完全に解消する。脳にダメージがあると脳温や脳圧が上昇し、栄養や酸素の供給が阻害されるが、関節の炎症と同じ方法で解消可能と考えられる。脳を冷却する必要もない。年齢は関係なく、おとなの場合でも蘇生率は大きく向上するだろう。一方、同じ方法によって、多くの場合移植が必要ではなくなることも考えられる。臓器移植は、奇形などに限定すべきであり、安易に行うべきではない。

医学は、物理学によって再構成、統一されることになるでしょう。
tondemo-igk
2011/05/07 15:33
たぶん、前回のコメントは信じられなかったでしょう。一方的にコメントしているわけですから、理論的に間違っている、有り得ない、ということであれば削除されても結構です。それは、管理者様の権限に属することです。

人間は物質から構成されています。ところが、現代医学では生化学や分子生物学、統計学などが科学的根拠とされ、現代物質科学の基本法則である量子力学と接続していないのです。ここに疑問を持つべきです。量子力学が適用される階層・領域では、超伝導や超流動に見られるように、古典物理学では理解できない現象が起きるのです。原因・症状などが異なる多くの病気が、実は同じ法則に従って起きているならば、それを知ることによって即効的治癒が可能になるでしょう。例えば、うつ病も、喘息も、肝炎も、同じ方法で一日で治してしまえ、ということです。
tondemo-igk
2011/05/11 14:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
15歳未満からの臓器提供に思うこと 三余亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる