アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「医学」のブログ記事

みんなの「医学」ブログ

タイトル 日 時
医師の謝礼とConflict of Interest
朝日新聞で医師への講演謝礼の件が報道されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/01 21:42
「ブラックジャックによろしく」を読んで。
佐藤秀峰さんの「ブラックジャックによろしく」が無料で読めるとのことです。ありがたいことです。 http://d.hatena.ne.jp/RyoAnna/20121004/1349362568 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/07 20:51
東邦大学麻酔科准教授の論文不正事件
193本もの論文に不正が疑われてるって、いやいやどういうことなんだか・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/25 00:03
つぶやき感想【医学と仮説 原因と結果の科学を考える 津田敏秀著 岩波科学ライブラリー184】
面白そうなので買ってみました。 医学における原因と結果の哲学、という感じ。 思うところを思うままにTwitterでつぶやいたので、後半に掲載します(雑だなと思うところもありますが、そのままにしてあります)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/09 00:57
15歳未満からの臓器提供に思うこと
久々のブログ更新です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/25 21:58
臨床試験での報告事項 -東大医科研と朝日新聞の一件をきっかけに調べ直す
東大医科研と朝日新聞の間でもめているようですが(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1451)、詳しいことを調べている時間がないので、この件に直接コメントすることはせずに一般的な話だけ、調べ直しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/11/02 16:44
補完代替医療の臨床試験について考えた
厚生労働省が場合によっては補完代替医療の臨床試験に研究費を出すようです。 毎日新聞です。補完代替医療:厚労省が検証 臨床試験検討も ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/22 23:58
イレッサ 効果あり!
ホメオパシーを批判するために臨床医学の科学性ということを前に書いたような気がしたと、今まで描いたものを見直していたら、イレッサ:厚労省「積極的選択、根拠なし」 とゲフィチニブとドセタキセルの比較試験についての医薬品等安全対策部会安全対策調査会議事録 が見つかりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/26 23:55
プラセボ効果が生じる理由
ホメオパシーが日本学術会議で批判されました。 http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-21-d8.pdf おっしゃる通りです。大変よいことだと思います。科学者の社会に対する責任という観点から見ても、最上級の評価をしたいと思います。 助産師のみならず、医師の一部にもホメオパシーを使っている方が居ますが、大変に残念なことだと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/25 05:20
親族の同意のみでの臓器提供が進んでいることについての雑感
法律が改正されてから、かなり速いペースという印象ですが、3例目の親族の同意のみでの臓器提供があり、手術が無事に終わりました。 毎日新聞の記事へのリンクと引用です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/08/23 21:51
遺伝子検査が手軽にできるようになったようだけど
2010年5月19日の朝のNHKニュースで遺伝子検査が手軽にできるようになった話をしていました。まちかど情報室というコーナーで紹介されていました。 ホームページでも取り上げられていますね。 http://www.nhk.or.jp/ohayou/machikado/20100519.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/20 01:46
2010年3月21日の朝日新聞の「代替医療のトリック」の書評に若干の違和感を覚えた
2010年3月21日の朝日新聞の書評欄に「代替医療のトリック サイモン・シン、エッッツァート・エルンスト著」の書評が出ていました。この本を読んでいないので、書評そのものにどうこう言うのは本当はおかしな話なのですが、ちょっと気になるところがあったので、いろいろと書いてみたいと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/23 18:50
生体腎移植ドナーのその後の経過の論文
Journal of American Medical Association (JAMA)にPerioperative Mortality and Long-term Survival Following Live Kidney Donationと題する論文が掲載されました(JAMA. 2010;303(10):959-966)。 いままで(専門外なんだけれど)腎移植についていろいろと書いてきたから、この論文についても触れておいた方がよいかと思いまして。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/13 07:51
病気腎移植がらみで裁判になるようで
久々に病気腎移植の話題が出ました。病気ではない腎臓を取られたということで裁判になるようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/05 19:33
ランダム化試験の論文取り下げは、ただ事ではない
残念なことですが、不正があったということでLancet誌に掲載された論文が取り下げられました。著者は全員日本人です。PMID 12531578。 長くなりますが、書きます。言いたいことは、 この論文はランダム化試験として掲載されており、世界中の人間がこの試験の結果を信じた。ランダム化試験の結果は新しい治療法を決めるために非常に重要であり、今回の不正は重大なものだ。 まずは事実関係から。読売新聞では、 昭和大病院元医師の論文に疑問、医学誌掲載後削除 世界的に権威のある... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/24 07:00
混合診療のよい点・悪い点
混合診療を違法とする根拠について裁判で争われています。 混合診療訴訟:原告が逆転敗訴 東京高裁 保険診療と保険外診療(自由診療)を併用する「混合診療」を受けると、本来は健康保険が適用される診療も含めて治療費全額が自己負担となる厚生労働省の運用の妥当性が争われた訴訟の控訴審で、東京高裁=大谷禎男(よしお)裁判長=は29日、「運用は妥当」と判断した。その上で、原告に保険給付を受ける権利を認めた1審判決を取り消し、請求を棄却する逆転敗訴を言い渡した。原告側は上告する方針。 国は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/02 01:48
生命倫理、そんなものは有りません を考える。
「再開された臓器売買をめぐる論争」という論文と 移植臓器の売買は人身売買に生命倫理、そんなものは有りませんと題するエントリーからTBが来ました。題名は生命倫理というものは無いという過激な主張ですが、内容は「臓器移植などしないで病気を治せ(ここでは治し方は具体的には書いてませんが、次に述べるようにおそらく自然食品なのだと思います)。」ということなのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2006/12/26 19:36
がん難民と【日経メディカル2006年12月号 特集 国立がんセンターは必要か?】
がん難民という言葉を最近良く聞くようになりました。最近の毎日新聞の記事では、がん難民:全国で70万人 医師の説明に不満、転院繰り返す−−NPO試算 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 3

2006/12/11 00:06
腎臓を片方取っても大丈夫か、他。
【最後に追記あり 2009年2月12日】 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2006/11/14 20:56
【ビッグ・ファーマ 製薬会社の真実 マーシャ・エンジェル著 篠原出版新社】
ニューイングランド医学雑誌(New England Journal of Medicine、NEJM)前編集長による製薬業界批判の本です。同時に製薬会社に依存している医学界も批判されています。日本とシステムは同じではないとはいえ、耳の痛い話でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/10/05 20:24
山形大論文ねつ造:女性医師、教授の指示に従う
前にも書いた山形大学での論文捏造の詳細がわかってきました。 山形大論文ねつ造:女性医師、教授の指示に従う ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/15 21:12
山形大学医学部麻酔科教授、談合で書類送検
論文捏造を問題にしていたんですが、談合で書類送検されてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/12 18:11
教授が捏造の指示認める 山形大論文捏造疑惑で
共同通信によれば、山形大学医学部麻酔科の捏造問題で、教授が疑惑を認めたそうです。以前の記事に関連するので、記事にしておきます。 教授が捏造の指示認める 山形大論文捏造疑惑で ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/10 18:40
【がんの補完代替医療ガイドブック 厚生労働省研究班】にTBかと思ったら
【がんの補完代替医療ガイドブック 厚生労働省研究班】を夜中に書いたら、同日午前9時に広い大地へ健康的な生活へというブログのフェセオラミンの記事からTBが来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/07/07 13:49
【がんの補完代替医療ガイドブック 厚生労働省研究班】
毎日新聞の記事によりますと、「がんの補完代替医療ガイドブック」を厚生労働省研究班が作成したとのことです。ダウンロードして読んでみました。税金によるものだと思いますが、意外に良くできていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

2006/07/07 02:12
山形大学医学部麻酔科でデータ捏造があったらしい
山形大学医学部麻酔科でデータ捏造があったとの読売新聞の記事です。阪大に比べると掲載された雑誌のスケールはかなり小さくなってしまいますが、それでも捏造は捏造。 山形大医学部研究チーム、学会誌論文でデータねつ造 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2006/07/03 18:32
慈恵医大青戸病院事件の判決
慈恵医大青戸病院事件の判決がでました。 業務上過失致死罪に問われ、当然の有罪判決です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/15 18:21
阪大の論文捏造事件に思う その2
【医学は科学ではない】に意見する で長々と書きましたが、私の意見は、「臨床医学のある部分は科学である」です。その科学である部分の根幹に、大阪大学論文捏造が問題を起こすのではないかと考えたので、前の記事でいろいろと書かせていただきました。はっきりしたことは、捏造論文の名を連ねていた臨床医は下村先生お一人だったことです。しかし、下村先生も、おそらく基礎系の教室の教授としての立場が主な論文だと思います。以上をふまえると、臨床系の教室での不祥事とは考えません。しかし、基礎系とはいえ医学部から出された論文... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/02/23 15:47
大阪大学医学部の論文捏造事件に思う
大阪大学医学部で捏造事件がおきたということは、医学および医学研究に対する信頼を損なう行為です。大阪大学のみならず、日本全体の医学部が影響を受ける可能性があります。(もしかしたら日本からの生物研究すべての評価に影響するかもしれません。)残念です。というわけで、今回のブログではこの事件を考えてみたいと思います。また、実際に論文にあたって、どのような方が関わったのか見てみます。何か言うならオリジナルにあたらないと、というわけです(できることには限界がありますが)。さらに、様々な方からの批判も紹介します... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 7 / コメント 1

2006/02/18 03:43
【医学は科学ではない 米山公啓著 ちくま新書】に意見する
聖マリアンヌ医科大学第2内科助教授であった神経内科医による著作。現在はもう大学からは離れられており、小説やエッセイで有名な方のようです(すいません。読んだことありません。)。医学は科学ではないという主張がされている本ですが、ちょっと引っかかるところも多く、いつもより内容を細かく検討したいと思います。特に第2章までの内容を詳しく。かなり長くなりますが、お許しください。googleで検索して、この新書について書かれているブログ(情報だけの治療室、少しだけ素敵な妄想、血糖を管理する日々、ペペ、slow... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 11

2006/02/09 22:53

トップへ | みんなの「医学」ブログ

三余亭 医学のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる